« 2つの目 | トップページ | 今日は晴れ »

☆しるし☆誰かのために

    たまには日常をここに記そうと思うww


    最近は就活で色んな所に行ってますw

     ちなみにお好み焼きの写真は道頓堀やにw

     実は、お好み焼きが大好物なんw

     そして何ていっても、今のシーズンは忘年会w

     忘年会で、焼肉食い放題の牛角へ行ってきましたw

     やたら、1人の店員さんが、名前で呼んでくださいよんって

     突っ込んでくるから、フレンドリーやなぁって思っていたw

     帰り際、アンケートを渡され、1番下には

     輝いていた店員の名前を書く欄がwww

     まあ、さすがにみんな彼の名前を書いてたっけw

     帰りは先輩に家まで送ってもらいましたw

     院の先輩なんで色々と就活の話教えてくれたw

     でも、あまりの苦しさに、声だせんだw

     杏仁豆腐を10人前食ったからか、、、

      食いすぎて苦しくてww

     帰りの車はホンマに苦しかったww

     まあ、ほどほどが1番よなw

     ってなわけで、明日も明後日も飲み会やw

     んで、来年早々、面接試験とTOEIC試験やw

     ぼちぼちいくでw


     あなたを家電製品に例えると何ですか???

       みんなだとなんて答える??ww


       俺は、電子レンジかなww

       何でって??ww なんとなくw

     いや、面接でなんとなくじゃダメだなw


   ☆しるし☆

        誰かに認めてもらいたくって

        ただ、自分の存在を

 
       誰かが必要としてくれるから

       明日を生きようと思える


       でも、それは形には見えないもの

       だから、時に不安になるんよね


       俺って何で生きてるの??

       結局、人は1人なんだ

       結局、自分が1番可愛いんだ

     もし、地震が起こって食うものがなくなったら

         食料の奪い合いが起こる


          正義という言葉


       その裏に隠された魔法の十戒


     そんな世界でも真の正義を貫く人間の視界には

       
         死というものが目前に迫る
 
    そんな人達にとって死はどのように映るんだろう??


         俺には分からない


     人はただ、自分の存在を認めて欲しいだけ

       嫉妬から無限に広がる暗黒の雲

        だけど、その雲の上では


        みんな繋がってること


         俺はそう信じたい


      文字は時に魂そのもの


     文字は生きてるんだよ 醜い言葉 醜い嘘

    それはあたかも正義のごとく一瞬見えるかもしれない


      だけど 心の宿ってない言葉


       嫉妬から生まれた嘘の言葉


          よく見て欲しい

           心の目で

 
        文字は泣いてるんだよ

        文字は怒ってるんだよ



        文字を操るのは人間

        文字を書くのは人間

        文字を消すのも人間 

        文字は悪くないんよ

        文字だって辛いんよ

        
      だって、何もできないじゃん

     
      だから、優しく文字で包みこんであげよう


        それが、俺の あなたの

        生きて 活きた しるし。

         

         そう思った12月27日の夜

        さて、勉強しよっと

     
      ★誰かのために★


     今年も残すところあとわずか

       色んな意味で今年は色んな事を吸収できた年

       日記を書くことで 新たな自分に気付き

       人のあったかさ、すばらしさ

       沢山得るものがあった

       
      思いかえせば、去年の今頃

      俺は、壊れそうだったっけ

      自分が本当に嫌いで、嫌いで、

       今も自分が嫌いになる時はあるけどさ


      だけど、そこでいつも手を貸してくれたのは

       仲間だった 友達だった

    だから、俺は、そっと手を差し出せる人間になりたい

        本気でそう思った

      みんな、ただ、自分の存在を認めて欲しいだけ

 
      そりゃー 日記を書いてて辛いことだってあるさ

      人の醜い部分、嫌でも見なくちゃいけないから

         文字は視界に入ってくるからね

        だけど、それらを乗り越えることができたら

           きっとその先に何かあるはず

           俺はそう信じる


     傷つく言葉 苛立つ言葉 どんなに投げかけられても

         俺は、ただ日記を書いていくだけ

           何も1年前から変わらない

           そしてずっと変わらない

          

         去年の今日から、はじまった心の日記


        はじめて、俺の日記にコメントくれた人


        文字が生きてるよ 沖縄の海のようや

          何か嬉しかったな

         その時に何か気付いた 



         今は、もうこの世界にはいない人


         だけど、俺はいつまでも忘れないよ


          この右手で この左手で


           思いのまま綴る


          
           それ 心の日記

           それ 俺の活きた証


         あなたの分まで 記し続ける

             約束やで!!


       よっしゃ、活きよう!

 
         

|

« 2つの目 | トップページ | 今日は晴れ »