« 未来のレール | トップページ | If »

パウダースノー

 時は過ぎていく  戻ることなく

      だけど ふとした瞬間に懐かしい気持ちになるんだ

        何だろう この感覚 でも何か嬉しいな


        日々何かに終われ生きてる毎日

  目指すものがなくなった瞬間 崖っぷちに立たされた気持ちになる

       
    無限に広がる未来という線路がなくなったかの如く

   そんな悪夢が現実であるかのように 心を覆い込んでいく

    悪夢という名のベッドの中で ゆりかごのように揺らされ
            
        悪夢を現実化する 自らの言動で

    それさえ気付かず 他人を責め 

      自分は悲劇のヒロインを演じる

  そして いつまで経っても心が満たされないと嘆く 落胆する

         
 そんな自分を自分で苦しめるスパイラルが永遠に続く



         そう 自分が気付くまで ずっと



     目を覚ましてよ!!! そう何度も問いかける

       暗黒のゆりかごの中で苦しむあなたへ

          ねぇ   聞こえる??? 

     大丈夫だよ 安心して 俺がいるよ 私がいるよ

       好きだよ 大好きやで どこにも行かないよ

       どんなに心を吹き込んで訴えかけても

     暗黒の闇の中に吸い込まれるだけのような気がして

        訴え続けたら その暗黒の闇は


        消えてなくなってしまうのかな

         だったら ずっとずっと伝えていくよ

          だけどさ

     本当にそれであなたが解放されるようになるのかな

   本当にそれであなたが暗黒のゆりかごから解放されるのかな


        なんかわかんなくなっちゃんだ

        
    誰かを想えば想うほど、言葉でその感情が表現できなくなる

        語彙不足?? いや それもあるけど

 
        なんだろう 


      言葉でも表せないくらい そんな感情なん


       だとするならば 

    大好きだよ そんな

     単純な言葉に俺の全ての言霊を宿らせて伝えていきたいと思うんだ



        あなたの心の中であなたを苦しめるあなたが創り出した残像達よ

        俺がその残像の中に入る込むことができるならば

        どれだけ簡単にあなたを解放できるだろうか

            暗黒のゆりかごから

       そっと降ろすことができるだろうか

      あなたを苦しめるあなたの中の叛乱分子達を
           
          

        だけどな 

    あなたが気づかなければ あなたが向き合わなければ

       あなたがそのゆりかごから自らの手で降りなければ

     何も変わらないんよ

      線路は無限に広がってるんだよ


      崖っぷちなんかじゃない 絶望なんかじゃない

         生きてるじゃん 昨日だって 今日だって

           
 どんなに対価を払っても手にいれることのできないあなた時間

             

 無限に広がる 無数に広がる 人生というキャンパスを

              
    小さな ゆりかごの中で苦しみ もがき

         失っていっていいのかな

        いや 失いたくなんてないよね

        なんとか解放されたいんよね

               だからな

       俺は 1つ1つの言葉に命を宿らせて

         あなたに伝えていくから

       あなたがゆりかごから立ち上がった時

             なんてことなかったよ!!

         そうやって笑って飛ばせるように

           1つ1つの言葉で、

    あなたを包み込む暗黒のゆりかごのまわりを

           包みこんでいくからね


           だからさ  

   目が覚めたら 気付いたら んで 目脂とって 背伸びしてさ

           それから 

        最高の笑顔見せてね

      最高の笑顔って?? 

       うん 心の底から笑うこと

       心の中でつっかかる経験と想像が創り出した

        重く圧迫する残像達に光を当てて

          意味わからん??w

        まあ 今はそれでいい

         いつかその意味が分かるときがくる

         必ずね
 
 
    人生とは無数の障壁達が立ちはだかる永遠の難題

    されど その障壁を創りだしてるのは自分自身

      何もしなければ 何も起こらない

      何かをするから 何かが起きる

       あなたがいるから 俺は強くなろうと思える

       あなたがいるから 俺は自分から逃げないと思える

     あなたがいるから 俺は自分の嫌なところが丸見えだw

         あなたの笑顔がみたいから

       俺は 伝えることを続けることができるんだ

        あなたが生きてるから

        俺は 生まれてきたんだ

         あなたが死ぬときまで

        俺は 意地でも生きるから

              
        あなたの心の奥まで

        いつの日か 届くと信じて


        俺の心の中をここに刻む


     電車から見える遠くの山 真っ白に彩られた夢景色

         どこか寂しそうに見えた


         でもね パウダースノーに彩られた山は

          最高の壮観を創り出すんだよ

            そうやって微笑んでみた

        
            よし 生きて活きよう
   

            

|

« 未来のレール | トップページ | If »