« 空を飛べる羽 | トップページ | 未来のレール »

境界線

   悪夢から覚めた夜

               呪縛から解放された夜

           冬なのに体中が火照ってどこか心地いい

              少しは成長できたのかな???


           何かに囚われたとき この広い世界が

            とてつもなく小さく 息苦しく感じる


           誰かを頼ることが苦手な自分

             いつの間にか 自分で自分の首を絞めてた

             誰かを責め 誰かに苛立ち 誰かを羨み

               自分の存在すら忘れてた自分

              全ての根源は自分にあり

               自分がこの体を動かしていることを

               変わるべきは自分自身

           何かに立ち向かう時

              それらから逃げたくなるとき

               でも食いしばって立ち向かうとき

               体の中から何か自分の何かが放出されるような

               そんな感覚が俺を包み込むんだ

             そんな感覚を味わうと 少しずづだけど

                  体に溜まった毒が出ていくような

                   少しずつ心が楽になるような

                  そんな不思議な感覚


            何も言わず手を差し出してくれたあなた

            閉ざされた俺の心の奥へ

               どんどん どんどん

                 どんどん

                 奥へ 奥へ


           少しずつ いや かなりかな

               昨日までの俺と 今日からの俺

                 大きく変化を遂げるための境界線

                 そんな気がするんだ

                 だからここに記す

                よっしゃ 活きよう

|

« 空を飛べる羽 | トップページ | 未来のレール »