« クォーターズハーツ | トップページ | お風呂 »

ナンバーシックス

 

☆裏日記☆ ←心の中書きたいから書かせてw


    俺は6人家族だった。


      おじいちゃん、おばあちゃん


      お母さん、  お父さん


       妹、   俺

 
     おばあちゃんは旅行が苦手なのもあって


      家族6人で泊まりで旅行したのは、


      俺が小学校4年生のときに、

 
      岐阜のノリクラって場所で

   キャンピングカーで一泊キャンプするっていう、



        ツアーチケットが当たった時だけ。


      でも、今でも鮮明に覚えてるのなぜかな。



      川で鮎をタモですくって、


      バーベキューして。


      みんなで同じ部屋で寝た。


        朝までぐっすり。


         夢も見ず、ぐっすり。


     気づいたら朝だった。



        安心感かな。


      

    
       今は3人暮らしだ。


      時に6人暮らしの時を思い出し、


        夜中眠れない時があった。


        うーん、寝れないな。


         こんな時間に誰も起きてないよな。


        あー、どうしよう。



        気づいたら朝。

      あっ、

        学校行かなきゃ。


      トイレ3回しなきゃ。

      
   

       

      そんな時が過去にあった。



        でも、最近はぐっすり寝れるんだ。



       それは、俺の心の中にある。



 
        醜い塊や残像を

        
        少しずつ吐き出せるようになったから。



        以前、 



        俺はそれを見られたくなくって。

       
         隠してた。




    
        元気ないね。どうした???


      いや、昨日見たAVがツボで


        朝までみて寝不足やねんwww






         自分で考える事だけよりも


         誰かに頼りながら、

 
         吐き出す。
         
    
       簡単なようで


         ほんと、難しい事。

      
        笑顔で、


      そういやさ。 あ、そうそう!


      これさー、 あれさー。

      
       


       話題転換の技法を使い


       必死で見られたくないから


       気をそらしてた。


        言葉の力をかりて、




 
       それでも付き合いが長いと


       或いは、似た感性の人だと




     いやいや、話そらすなよ! 話せって!

         ほら!!


         お前、顔に出るよなw

 



        そっかぁ。




       

       分かるんだね。


 
        不思議だ。








       人を信じて

         いいんですか?


        

        人を信じていいんですよ。


        あなたの愛した人なら、


        あなたがそう思うなら。


       あなたが選んだ人なら、


       あなたが選んだ道なら、


         
         そうだね。


         自分の人生だもんね。


        自分がいいと思ったらいい。


         それでこそ自分なのさ。




       ならば、自分の気持ちに正直に、


         愛していこう。

         
 
        大切にしていこう。


         そして、


         信じてこう。


  


      だって、俺は人が好きだから。


         笑顔が好きだから。

        
         笑顔みたいから。


         様々な人の



        悲しみの顔は


       数えきれないくらい見てきた。


        これからも見ていくだろう。


        見なければならない。



         

         永遠に。


       だからこそ人を信じたい。


       だからこそ、


       俺は吐き出せるようになったのかもな。


      ☆裏の裏日記☆←かなりレアだよww
   

     家庭内の荒波・・・・、時に暴力や罵声。


       時に間に挟まれ、壁になった。


         痛くて、だけど、暴力や罵声は


        大嫌いで。絶対、発したくなった。


      昔は泣いて、やめて!しか言えなかった。


       そんな時は泣きながら、


      親戚のおばあちゃんや


        おじいちゃんに


         泣きながら電話してた。


         助けてください。





        
        明日は入試の日なんです。



         勉強なんてできないよ


         眠れないよ。耳を塞ぎ布団にもぐった。



        妹は隣で泣いている。


       
        大丈夫だよ。もう寝ようね。


       普段は妹と喧嘩ばっかだけど、



        不思議に兄弟同士、

  

          支えあってた。


       お父さん、お母さん。


       
        それでも血が繋がってるゆえ、


        我に戻り、いつも謝ってくれた。



        俺が入試で失敗し



         泣いてなら、




         親は俺を泣きながら抱きしめ


         ごめん!!ごめん!!


         当時俺は、絶望の二文字だった。


      俺の勉強不足なんだよ。


      泣きながら親にいった。



      でも心ではね・・・・・。



        でもね、


         
        今思うと。


        これでよかったんだ。




       高校は隣街で、

 

        電車で通い、


        一から友達を作り


        通い仲間ができ、


        かけがえのない仲間と出会い。




       そして大学にも進学し、




      もうすぐ3年生だ。

        

       やりたいことやれてるよ。


       高校入試の


       お母さんの涙


        家に帰って、


      始めてみたお父さんの涙





     それが俺の糧となり。


       何かを見失いそうになったときに


        支えてくれて、


          そして、




       今の俺がいるんです。



    


      ありがとう! 心より。


   

      数えきれない家庭内の荒波を乗り越え


       今、やっと、落ち着いた波になった。



        ずっと続くといいな。


        ううん。どんな波が来ても乗り越えれる。



        そう、信じてるよ。

       
       だって、愛してるから。


       だって、たった一つの家族だから。

 




        最近、

       
         久しぶりに6人揃った。

        
       家族みんなで笑いあうなんて


        何年振りだったろうか。



         うん。

        
        3年ぶりだね。


       
        3年振りに体感したよ。


         

 
       6人みんなで家族だもんね。




       妹が県外の大学に進学し、


       俺がいつかどこかに行っても


        ずっと、6人家族だ。

        
        あっ、


      なら、

      

        文頭の「6人家族だった」は、


     だったら。じゃなくて、


        だよ。 だね!


       

        俺にとって、


       6という数字は

         
       俺に無限の力を与えてくれる。


         魔法の数字。


        そんな数字にありがとう!


        これからもよろしくね!


      ☆リバック☆
  
         今年の春に書いた日記

            6人揃って家族

           どんなに時が過ぎても

              ここに刻む よし活きよう

            

|

« クォーターズハーツ | トップページ | お風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454935/9229497

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバーシックス:

« クォーターズハーツ | トップページ | お風呂 »