« リバック | トップページ | 雨のち晴れ »

本当の心の中

632136086_95  
 
        どんなことにおいても 目立ってくると それを心よく思わない人が必ず出てくる 

               牧歌的な俺にとっては 始めての経験で

                   結構ダメージは大きかった


            時に人は破壊に快感を覚え 歪曲した正義感が牙を剥く 

                     悲しきかな 寂しきかな

               それは噂となって 誇張され 間違って解釈され

                     風のように広がる

                 暗黒の闇に駆け巡る虚栄に駆られた使者達

                  あたかも真実であるかのように 

                     悲しきかな 寂しきかな

               そんな噂に対して 何もできない自分が空しく

               何で 俺はこんなことやってるんだろう

                     何で俺がこんなことに

                       そう思う

              人を信じること  とっても大切なことだけどさ

             最近の俺は いつも疑心から入るようになっている

                以前はこんなことがなかったのにな

                   何を得ると 何かを失う

          時には有頂天になってる俺もいた そんな時に仲間に気付かされ
 
                 ふと正気に戻る時もあったっけ

        そして自分の未熟さにに気付き それと共にありがとうという気持ちが芽生える


                 だけど どこか満たされることがなく

            見えぬところで動く風の音が気になり 萎縮してしまう

                  そんな弱い人間さ 

                だけどそれじゃ駄目だって分かってる

                 分かってるからこそ ここに書く

                  そんな自分に負けないために

  
                でもな 

       俺は 作家になりたいわけじゃない  共感を呼ぶ文章を書こうとしてるわけじゃない
 
                  綺麗な文章を書こうとしてるんじゃない 

                  ただ、普段出せない自分の心の中を

                 今まで押し殺してきた俺の中にある感情達を

                 文字に記して こんな想いがあったんやで

                   俺だってこんなこと思って 考えてるんやで

               そんな心の一ページを生きた証として記したいから


                  別に俺が誰かとか そんなのはどうでもいい

                     ただ この世界のどこかで

              俺という人間がどこかにいる そう思ってくれるだけで嬉しい

                 そして 心と心が少しでも繋がることができたならば

                      もっと俺は嬉しい


             ある人は言ってくれた ありのままに思ったことを書けばいいんだよ

            だけど 変なところでプライドが高い俺は 素直に受け止めることができなく

                 幾度となく 扉の前で立ち止まり 何かに怯えてた

                     だけどな

             久しぶりに昔の日記をUPしてみて 半年前の俺を振り返ってみた

                半年前についたコメント そして今回ついたコメント

                   好きという感情と将来の夢

                 自分の進みたい道と あなたの進みたい道

                    恋愛においての我慢の有無

              色んな論点が錯綜するなか それぞれに活きてるみんなが

                思うこと 共感 或いは 違う考えや想い 新たな発見

                  そんな活きた文字達を見て 俺は思い出したんだ

                    ありのままに描くということ

                   正しいことなんてないのだから

               俺は誰のために書いてるわけじゃない

               だけど そこから何か派生したりしてくれたら嬉しい


                 もちろん 俺もそこから得るものは無限なのだから

                 そして そこに真実の俺とあなたがいるのだから

                   だから これからどんなことがあっても

                        乗り越えられる

                      俺はそう思うんだ

                
                 悲しいことがあって落ち込むのは自分

                  辛いことがあって全てが嫌になるのも自分

                  だけど そこから這い上がるのも自分

                  だけど それを支えくれるのはあなた

                  だからこそ 俺は信じていきたいな


                   どんな暗黒の闇が覆ってきても

                    必ず夜明けがくるはずだから


                  真実というものは 本人しか分からない

                  だけど 心を通じて伝えることができるはずだから
 
                    だから俺は 心の日記を書く

                      頭じゃなく心で

                   それが俺のできることであり

                     俺の望むことであり

                      俺の活きた証

                      よし 活きよう

               

|

« リバック | トップページ | 雨のち晴れ »

コメント

こんなこと言っちゃ悪いかもしれませんが
僕の心の中にはここに書かれていることと似たような感情が満ち溢れている気がします
見ていてとても安心とするいうか、満足するというか・・・。

ありがとうございます。

投稿: もみじ | 2007年12月 5日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454935/9229278

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の心の中:

« リバック | トップページ | 雨のち晴れ »