« もう1人の自分 | トップページ | 決戦 »

建前と本音

          強い自分と弱い自分

        明 るい自分と暗い自分

        お人好しな自分と冷め切った自分

          ライトな自分とカオスな自分

           いくつも対になる自分が闘う

           きっと死ぬまで闘い続けるだろう

          
           本音と建前

     みんなはどれだけ前者を外に発して生きてるんだろうか

         
      まるで呼吸を繋ぐためのごとく取引を行う
 
        戦をすれば血が流れるからだろうか、、、

         きっと俺の魂は傷だらけだろう。

           弱い自分は新たな傷を怖れる

           だけど、強い自分は血だらけの刀を奮う

          本音と本音が自分の心の中で対立する

             どっちが本当??

          
           でもどっちも本当の俺、、、


        ごめんなさい 頭を下げる

      だけど、心の中は理不尽さに怒りが溢れる

           ぶん殴ってやりたい

         ピエロを演じる自分と共に

           建前の自分へ本音の自分が怒鳴る

           建前の自分は耳を塞ぐ、、、

   

         
         ああ、いいよー。気にしないでー。

  だけど、心の中では、ぐっさりと胸に刺さった刀を自らの手を抜く            
         血潮が吹く俺の心の中 カオスな俺が言う

          人間とは結局は自分だけで精一杯

         恋、仕事、何でも悲劇のヒロインを演じて

          誰かに認めてもらいたい

         それを確認したら、去っていくんだ

          所詮、俺という存在はその程度だ。。。。

 
        カオスな自分、その度に大きくなる

           時に、、、、

         人を傷つけてしまった ごめんね

            だけど

       カオスな俺は言う、、心の中は移り変わっていく

       それは罪なのかな??だとしたら、この世界にどれだけの罪人がいるのかな???? 気にしてたらキリない。。。生きていけない。。。

      もう1人の俺は震えながら叫ぶ

     自分と相手の気持ち、それらは取引のように裁量を気にして判断を下す自分、 相手を傷つけたくない。だから言えないんだ

        だけど必ず言うときがきた時さ、、、  

    
          ごめんね

         邪悪な醜態が鏡に映る

        だけど、どこかこれしかなかったんだ

        そうやって、自分を擁護する自分もいる

        傷つけようって思ってなかったから、、
 
         だからこそ、色んな自分が錯綜して闘う

          素直って文字を見るたび目を覆いたくなる

      いつかそんな文字が凝視できる日がくるといいな

        カオスな俺は言う

        でもどこかで、、、、、黒く覆い込む自分がいる

          そうだろ???

          素直とは夢物語だと、、、、

         人とはほとんど、

         建前で人の顔を見て言葉を選んでるだけ

        ほら、テレビを見てても、嘘っぽい言葉が多い


         泣いてる涙も、笑ってるのも演技の時もある

           最後はうまくいく?? そんなの神話だ

         真面目に頑張ってる人が損をする

          ずる賢い人が得をする


           よく考えてみろ

 俺達の国をコントロールしてる人はみな、努力して苦労して這い上がって色んな世界を見てきた大きな人間か???

           もっと言ってやろうか。。。

         人間として尊敬できるか???

       テレビ見て、笑っちゃったよ。。。人を動かす人とは、、いつも大切な事を見つめて忘れてはいけない

     予算委員会の風景で野党は総理の政治献金問題を指摘してた
  
      それはなぜ??? 国民のため??

           政権交代したいから???
         
        批判や非難よりも大切なこと

          忘れてる それが現実だ。。。。

           もっとずる賢く生きろや

       傷を抑えて咳き込む俺にもう1人の自分が言う

          
           お前もその程度か???

       その瞬間  もう1人の自分の中で何かが弾ける

     現実は変えていくもの。人生において損なんてない

           ずる賢いことも大切だけど、

           もっと大切なことがある
  
         この世界に勝者と敗者も文字があるのは

         人間の闘争心が根底にあるのかもしれない
 
           ただ、それは人間が決めたもの

           人間の悪戯さ、自己満足さ、、、

             それが全てじゃない

     努力して報われなった人も見てきた
 
         だけど、そんな人達も今も生きてる

           無限の可能性がある

           いつか報われる時がくる

           俺はそう信じてるから

           人がいて自分がいるんだもん

        カオスな俺は笑った 声をあげて、、、、 
         
          
       
        俺は正義を求めてるわけじゃない

        誰も描いたことのないような人生を描きたい

        誰も知らないところでコツコツと何かを積み上げ

         そして、この世界から旅立つ時

           棺の前に備えられる花に

           俺の全ての力を捧げたい
 
              俺だけの花

          真面目で損?? 今を楽しく生きればいい?

           快楽ばかり求める生き方??


     ううん。俺は
  
       傷だらけで傷が分からなくなるくらいになってもいい

       誰か1人でもその傷を見て、よく頑張ったね
 
           そう言ってくれる人がいる限り

            それまで俺は、俺の信じる道へ
 
        たとえ、どんなに大きなものに向かってでも

            俺は盾を持たず突進する

             撃つなら撃ってこい

           それくらいの覚悟ができてる

  俺がこうやって生きてこれたのは、色んな人の優しさ、あったかさ、厳しくも緩くも俺という存在に無限の可能性を与えてくれた

        そしてこれからも与えてくれるだろう

        出会い、別れ、何度も繰り返して、、、
 
         これからも出会いは無限にあるんだ

           限界はない  無限だ

      だから、どんなに傷ついて血潮が吹こうが生きてやる

       それは、生きたくても生きれなかった仲間のため

          それは、カオスな自分に負けぬため

            死ぬとき、俺の体と心と頭に
 
            心からありがとう お疲れ様
 
             そう言えるために。。。。

          空を見上げた

           秋の空が俺を包み込んだ

           俺の大好きな季節

          俺の命がこの地上に宿った季節
 
              秋の香りが俺の臭覚を包みこむ
 
              鈴虫の鳴き声が俺の聴覚を包み込む

              秋風が俺の肌を浄化した
 
           優しい気持ちになれた 

          うん、これは本当に気持ち

            建前と本音
 
        前者は時に人を傷つけないようにする盾になる

     だけど、後者は心の奥の本当の自分、それが曝け出せたとき、愛情は、友情は、永遠のものとなる 俺はそう信じたい。
 
      
  
        よし、生きて、活きよう
         

 

|

« もう1人の自分 | トップページ | 決戦 »

コメント

暴くんも、今は、、建前で 接してるのかにゃ私とも 建前なのかにゃ 本音は 隠しているんだね。。。表に出していいのに。。。そしたら、私だって、立ち振る舞いを 考えるわよン(^ー^)

投稿: みぃ | 2007年10月17日 (水) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454935/8413968

この記事へのトラックバック一覧です: 建前と本音:

« もう1人の自分 | トップページ | 決戦 »