« はじまり | トップページ | 涙は心の洗浄機 »

救急車

     何十時間もチャリをこいで体力も限界

        満月の星空の真夜中の道路

 そんな時に、前方の頂きから一台の救急車が前方から来た

      お母さんかな、妻かな、、、、

      パジャマ姿で、横たわる人の手を握る

    
      俺は星空に願いを込めた

      ねぇ、星空達よ、、、、、

     もし、あの前方の急な頂きまで

     チャリから降りずに登れたなら

     あの患者さんを助けてください

  俺は、豆だらけの足と豆だらけの手に全力の力を込めた

    
     半分くらい登ってからかな

     息がきれそうになった もう無理かな、、、、、

      俺は歯を食いしばって立ちこぎをした

     力が入らない だけど執念で、、、、

  
    あと少し、あと少し、、、星空を眺めた

     星空たちは俺の見ててくれた、、、、

    最後の力を振り絞って頂きに登れた。

  
    思わず、チャリごと倒れちゃったっけ

    俺は空を見上げた

 
     ほら、約束でしょ。助けてね 

 
     星空がキラキラ輝いていた

      うん。助かるね!

       
       なんか、嬉しかった真夜中の道路にて、、、

|

« はじまり | トップページ | 涙は心の洗浄機 »

コメント

きっと流れ星が流れたんじゃないかな。
たくさんの星たちもあなたのがんばりと
優しい気持ちは届いたはずです。

投稿: まきちゃん | 2007年8月30日 (木) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454935/7711602

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車:

« はじまり | トップページ | 涙は心の洗浄機 »