« 羊さん | トップページ | ★指相撲★ »

4つ目

今日はバイト先で、色々ありました。

     実は、 万引きを捕獲したんです。

       普段なら、何やってんだよ
  
      そう、苛立ちを覚えるんだけど・・・

       どんな理由であれ犯罪は犯罪で

       許されることではない。大小はない。

       そんな事くらいわかってる。

     でも、何か、今回は胸が痛くなりました。

      そんな思いを描きたくてここに記します。

       子供に対する視点から描きます。

      何が正しいか、そんなの問題じゃない。

      子供の生きる姿を感じ取ってほしいです

    

    よかったら見てください、俺の心の中

   

     いつものようにバイトをする。

      1週間ぶりで、バイトは俺だけだった。

 社員は店長だけで、他はオバちゃん、おじいちゃんのパートばかり、俺は店内を走り回ってた。客はあんまりいないけど、
  
  呼ばれるわ、質問されるわ。でも遣り甲斐があるんだな

     午後17時、俺は事務所に呼ばれた。

     私服警備員が、万引き犯を見つけたそうな

  
  店長は忙しいので、俺がその捕獲の手伝いをする事になった。

    店を出た瞬間、捕まえるそうな。

   どんな人かという不安と、少しの興奮と、店出しが進まんなぁっていう焦りが、俺を包み込んだ。

    17時15分、俺は、取り押さえられた万引き犯の所へ、向かった。 いったい、どんな人なのかな。

      手には汗をかき、名札は逆に向けた。

    何でって??デスノートに名前書かれないようにW
   
  ☆4つの目☆

   普通の主婦だった。子供が2人、5歳くらいの女の子と
3歳くらいの男の子が、店の前で呆然とたってた。

  
   お母さんの手は警備員に持たれ、子供達も連れるように言われた。

 
     俺は、何て声をかけたらいいかわからなかった。

  よし、ちょっと来てもらえるかな???大丈夫だからさ。

     嫌、絶対嫌。なんでなの???

     万引きしたからだよ、なんて言えないよ。

お母さんといっしょにいかないお母さんが可愛そうでしょ。

     さあ、大丈夫だから、おいで。

    俺は、そっと、手を引こうとした。

     そしたら、おもっきり睨まれた。

     その眼差しは俺の心の中に突き刺さった。

    綺麗な4つ目、お母さんを守ろうとしてるんだね。

     幼くも、しっかりとした眼差し。

    今日という日はきっと忘れる事がないんだろな。

     どうか、どうか、その綺麗な目を持ったままで

     俺は、踏ん張り、そっと笑顔で見つめ返した。

      大丈夫だからね。すぐ終わるからね。

      ほら、ここ暑いでしょ。

    手を引き、事務所まで連れていった。

   俺は部屋の冷房とつけ、イスを用意した。

    どうぞ、かけてお待ちください。

   

  窃盗をした人の扱いではないかもしれないけど、

   俺は、いつもの客のように対応をした。

   むしろ、帰してあげたくなった。

     子供をね。

   
   だってさ、、、、

     4つの目がお母さんを守ろうと

     俺の前に立ち、俺を睨むから

    何も分からないのに、こんな所へ、、、、、、

    テレビアニメ始まる時間なのにね。

    宿題があるかもしれないのにね。

    お腹減ったかな。お母さん大好きなんだね。

    
     俺は、店長と警察が来る間、見張りをしてた。

      大丈夫だよ。帰れるからさ。

      俺は、少し涙ぐみ言った。

       4つの目は、あどけなかった。

     やがて踏ん張りつかれ、次第に泣き始めた。

  
      もうちょいだよ。店長は優しいんだから。

      警察のおじちゃんも優しいんだよ。
      
      だから、泣かなくても大丈夫

       お母さんは大丈夫だよ。

   ほら、何かあったら、俺がやっつけてやるからさ

     いや、そこまでは言えなかったけどさW
      

     母は、下を向いて呆然としていた。

      ほんと普通の主婦なんさ。

    でも、下を向く彼女の表情を見て思ったんだ。

    子供の服は、新しく綺麗で明るい色。

    だけど、母の服は破れ、使い込んだ服。

     実は、盗んだのは婦人服なんだ。

      何かが俺の脳裏を突き抜けた。

    自分だって、新しい服着たいもんね。

    きっとジレンマに苦しみ手を出したんだろな

     ってか、 そう信じたいなって思った。

   格差社会が広がり、地方分権改革がそれを加速し

     低所得者の生活は切迫している。

    地方税の定率化が、それの1つだろう。

     平等なはずの世の中が利潤という蜜のため

      不平等な社会を生み出す。

     勝ち組、負け組、待ち組???

     そんな言葉を聞く度に、

     小さいな、悲しいなって思う

 だって、同じ人間なのにさ。形だけの平等なんていらないよ

     学閥? 血統? 伝統?コネリズム??

      違うでしょ。努力した人でしょ。

        結果が全て???

      違うよ。その過程が大切なんだよ。

  努力しただけ認められる世の中に変わらないといけないよ

      スタートラインは同じにしなきゃ。

  何でもそう、例えば学問でも、能力あってもいけない人

      いっぱいいっぱいいるじゃん。

    教育費の格差でも差が出るのは当たり前。

    そこまで計算して評価してないでしょ。

  そんな、曲がった指標で決めるのはおかしいよ。

    最近、 色んな情報が耳に入る。不確かだけどさ。

      でも、そんなのには負けない。

        負けたくない。

       ひっくり返してやるよ。

     俺は、自分の力で掴みとってやる。

      誰にも見えない所で頑張るから。

       それが俺の信念だ。

       忙しいなんて言わないもん。

      時間はいくらでも作れるんだから。


     この世の中を変えるのは、みんななんだ。

     批判しても無関心でも何も始まらない。

     法は眠るものを保護しないんだから。

    みんなが、心を大切にするようになれば

    優しさが優しさを呼び。大きな大きな花になる。

     そんな、世の中に、いつかなればいいな。

       せめて、近づけたらいいな。

    4つの目。今、何を想う???

      あなた達が、大人になる頃。

       俺はオッサンになってる。

      そんな時、自分の道を、行きたい道を

   やる気と努力があればどんな道をも進める世の中に

 変えるように、何か俺達にできる事考えて形にするからね

     生きる意味が分からない???

     命は未来の命へと繋がってるんだよ。

     その子の達のために何かできるでしょ。

     微力だけど、決して無力じゃない。

     やる事は簡単さ。心を大切にする事。

  コミュニケーション能力みたいな形だけのものじゃないよ

     嬉しい、悲しい、しっかり感じとる事。

        そして、考える事。

        即興の話術やスキル話術なんて

  サイ☆リアのなんちゃって大理石トイレみたいなもんだ

    薄っぺらい。飛んでってしまう。叩いたら分かる。

     そんなホテルには泊まりたくない。

   だって、例えば彼女がいてさ、2人遊びしてる時に

     隣に筒抜けになってさ、隣の部屋で

   1人遊びしてる俺が、血の涙を流しながら

   盗聴するかもしれないでしょ。そんなの嫌でしょ?w

       それからね

    いっぱい、色んな事を感じて、感じて、

      それらを分かちあうんだ。

        うん。

      本物の大理石を作ろうよ。

   そうしたら、2人遊びも安心感あるでしょ

    エロい? まあ、夜だからW

      それから もちろん

     みんなが主人公なんだって忘れずにね。



    4つの目の母へ、

     どうか、もう繰り返さないでください。

     子供達の目を見てみてください。

      きっと分かってると思いますが、

     どんな事をしても、4つの目は貴方の味方です

     俺が、あなたの子供なら、同じように

    警備員や店員を睨むでしょう。だって、

     あなたが大好きだから。尊敬してるから。

      守るでしょ。みんな敵でも。

      銃を向けられたなら、壁になる。

      あなたに手を出したら、体ごと飛び出す。

      でも、そんなの望まないでしょ。

      俺は昔ね、

     お母さんのいう事は全て正しいと思ってたんだ

     4つの目の子達と同じくらいの年齢の時ね。

     実際はそうじゃない事もあるんだけどさ

     だけど、やっぱり、あなたの体内から生まれた

     分身のようなものだからさ。

    だから、どうか、心を大切にする事を教えてあげてね

    何が正しいか、正しくないか。

 それは、最終的には自分で決めないといけないんだからね。

    うん。今日、帰ったら、いっぱい抱きしめてあげて

       よく頑張ったね。

      そして、ごめんね。ありがとう。

        そう言ってあげて、

       そしたら、4つの目は、

  あなたの過ちを理解し、涙で今日の事を浄化するから。

       きっと、糧になるよ。無駄じゃない。



        4つの目へ、

      うまく言葉出なくてごめんね。

     あなた達の目を見てたら、何も言えなくなってさ。

     だって、貴方達の目は正義だから。


    でもさ、俺は、怖そうに見えなかったでしょ。

   こう見えても、高3の時に弟にしたいランキング2位だったんだから。

  ちなみに、マスコットキャラ第2か3位だっけW

     あっ、関係ないかWW

       覚えてる???

   俺は、あなた達の目をずっと見つめていた。
   
    どんなに睨まれても目をそらさなかった。

    それはね、俺の瞳にあなた達の顔が映るでしょ。

     同じ人間なんだよ。同じ黒い瞳してるんだよ。

     それを伝えたかったから。

      赤い血だって流れてる。

       うん。同じ人間。


     大丈夫だよ。何回もいったでしょ。

     それが本当だよって伝えたかったから。

 俺は、言葉が好きだ、でも形だけの言葉は嫌いだ。だから、

     それが本当だと伝えたかったから。

       うん。信じること。

       それから、

     これから、生きて、活きて欲しいから。

      生きてると色々あるさ。

  辛い事も嬉しい事もね。出会いに別れ。時に疲れる

    自分が分からなくなる。でも、それでいいんだ。

     魚が水上にでたとき、おもっきり跳ねるでしょ

      必死に呼吸しようと全身で活きてるんだ。

     どんなに苦しい時も、この事忘れないで。

      少なからず、呼吸はできるでしょ。

     うん。呼吸が続く限り可能性は無限。


    時間が過ぎ
    
    警備員のおばちゃんが来た。

 
    俺の前に立つ、4つの目に向かって彼女は

    お母さんの隣に座ろうよ。

    おばちゃんや、おじちゃんの近くにいるより安心するでしょ。

    え??? どこにおじちゃんが???WW

    俺は、我に返り、キョロキョロ。。。。。

    俺しかいない。。。。


    まじかいなW 思わずいっちゃったんだW

      そしたら、

     4つの目は、プッと笑った。

      俺も微笑んだ。お母さんは顔を上げた。

       よし、光見えた。

   あっ、 店長と警察のおじちゃんが着ました。。

      いや、おじいちゃん2人だなWW

      もちろん、心の中でWWW

   なぜか、店長と警察官が太陽から出てきた戦士に見えた

      いい所とられたなぁ。くそった・・・。

     店長は不思議そうに俺の顔を見た。

      あっ、また心の声が出ちゃったW
 

      そう言って俺は売り場に戻った。

        4つの目

       今度会った時は、

      笑顔をいっぱい見せて欲しいな。

      そしたら、俺は幸せです。

       4つの目のお母さんもだよ。

       生きて、活きよう。

|

« 羊さん | トップページ | ★指相撲★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454935/7710192

この記事へのトラックバック一覧です: 4つ目:

« 羊さん | トップページ | ★指相撲★ »